ジャパンクレド太田です。

 

恐らくこの記事を読み始めているあなたは、

ebayに限らず輸出転売をしていて、消費税還付が

欲しかったり、気になっているかもしれません。

 

そうです。おっしゃる通り、

海外へ転売商品を輸出転売するだけで

お金が戻ってくる(還付)場合があります。

 

ちなみに、私は税理士さんに依頼して、

計算して貰うと、およそ、

200万程、還付されるとのことでした。

 

ここで・・・ええええ!?なんで??

と思われると思いますが、

この理由は、ebayに限らず輸出転売をする場合、

「消費税還付」が受けれるからです。

 

これはebay輸出をする1つの大きな、

メリットでもあります。

 

あなたが、ebayの輸出をしていく上でも

100%理解しておいたほうがよいので、

今回は輸出における消費税が還付される仕組みを

まとめましたのでぜひ参考にしてください。

 

太田ゆうま太田ゆうま

実は、このebay輸出における消費税還付のコラムを書くために、税理士さんに色々聞いてきましたので、必見です!

 

ebay輸出でいう消費税の考え方とは?

そもそも通常の消費税とは?(国内転売の場合)

 

そもそも一般的に言われている消費税とは、

あなたが売りたい商品を販売(転売)した時や

例え無形物であってもサービスを提供する時に

その取引に対して・・・まさに

 

消費者が購入する場合に発生する税ですよね♪

 

そして、当然、消費者が負担し、

事業者(あなたが)が国へ納付します。

 

もう少しかみ砕いて流れを説明すると、

例えば、あなたが、コンビニで買い物した時、

買い物をすればレジで会計すると思いますが、

一緒に消費税を支払うと思います。

 

コンビニ側は消費者から「預かった消費税」を

後日、税務署に納付するわけですが、

これが国内転売の時はどうでしょうか?

 

まずあなたが、消費税込みで転売商材を仕入れ、

その後、消費者に国内へ転売しますが、

この時、あなたは当然消費税込みで売るので、

”消費税が一部相殺される”わけです。

 

もう少しわかりやすくいうと、

あなたが、仕入れ値100万円

のロ●ックス仕入れたすると・・・

引用元:ロレックス公式サイトより

8万円の消費税を一時負担すると思います。

 

その後、無事に売れて、税込で

計120万円で売れたとします。

 

この内、120万×消費税8%で、

9.6万円の消費税を預かった

ことになりますので・・・

(消費税8%の場合)

 

先程の仕入れの時に、あなたは、

8万円負担してましたから、

9.6万-8万=1.6万円消費税として、

国に納付することになるわけです。

※経費があるのでもう少し安くなります

 

これが国内で仕入れて国内で転売する、

小売業者の消費税の計算方式になります。

 

ここまで理解できましたか?

 

一応、計算式も載せておきますね。じゃじゃん

記憶しよう!消費税額の計算式(国内転売)
あなたが払う消費税額=売上にかかる消費税-仕入・経費にかかる消費税

 

太田ゆうま太田ゆうま

但し、消費税の課税事業者になるには、基準となる期間の課税売上高が1,000万円を超えている場合が基本です。つまり、売上1000万超えてきたらそろそろ視野に入れてください。

 

では、ebayに限らず輸出をすると・・・〇収入になる!

 

さて、次に、あなたがebayに限らず、

輸出をする場合の消費税の扱いですが・・・

 

なぜ輸出をすると消費税の還付を

受けることができるのでしょうか?

 

まず、ここが気になると思います。

これはあなたが外国人に対して、

”転売商品を売る時に、消費税を課して

売ることができないから”です。

 

よく考えてみたら、そりゃぁ、そうです。笑

 

ebayで日本の消費税を上乗せするなんて

・・・意味不明ですよね。笑

 

通常、消費税は消費者が、

負担しなければいけませんが、

肝心の、お客さんは海外の人間・・・

 

当然、日本の消費税を払う対象ではありません。

 

すると、仕入れた側が、消費税を

ずっと、負担していることになりますが・・・

 

これは消費税の仕組みに反するので、

国から還付が受けれるわけですね!

 

そして、この消費税還付の仕訳は、

雑収入として計上することができるので、

覚えておいてください。

 

太田勇馬太田勇馬

これを益金と専門的に言ったりするので、一緒に覚えておきましょう。

 

ebayで消費税還付を受ける時の計算方法

 

あなた自身が輸出で消費税還付を

受けたらどのくらい戻ってくるか?

恐らく、気になると思います。

 

まずどこまで還付が受けれるかというと、

輸出のための仕入商品に課せられた消費税、

さらに!輸出業務や事業のために、

支出した諸経費が適用の範囲です。

 

ここでは、簡単な消費税還付の

計算方法をおさえておきましょう。

 

輸出における消費税還付の計算方法
( 仕入れ + 経費 )×0.08=還付金額
例(200万 + 50万 )×0.08=20万

 

はい、これだけです。

仕入れだけでなく経費も

還付の対象に入るので、注意してください。

 

ebay輸出の転売で、消費税還付を受けるメリット

余裕で収入だから

 

ここまで読めば、輸出で消費税還付を

受けるメリットを感じられたと思います!

 

例えば、あなたが仕入れ値、

300万円の高級腕時計を輸出転売して、

仮に390万円で売れた場合…

 

単純計算4.8万円は消費税還付を、

雑収入として受けることができるわけです。

※実際は経費もあるので、もう少し上がります

 

年間だと、57.6万の還付が受けれ、

年次ボナースのような感じになりますよね♪

 

あまり難しい言葉を使うとわからなくなるので、

例だけの説明に敢えてしておきますが、

 

・・以上のように消費税還付はebayに限らず、

輸出転売をする上で、収入だから無視できない

ということがわかったと思います。

 

税務調査が入ったとしてもホワイト

あなたはebayに限らず輸出をしてるが、

知識がなく、消費税のことをすっかり忘れて

いたりしませんか?

もし、そのことを忘れていれば・・・

もちろん、罪悪感苦しむことになります。

 

しかし、一方で、消費税還付の知識もあり、

消費税納付書確定申告書を毎年確り作成、

提出していれば・・・”問題なくホワイト”

 

ちなみに、還付を受けるためには、

輸出許可書も一緒に税務署に提出します。

 

加えて、「仕入控除額に関する明細書」

「課税売上高割合・控除対象仕入額等の計算書」

も併せて提出する必要がありますので、

 

もし税務署が来たとしてもちゃんと申請

をして受け取った還付なので心配は不要です。

 

逆にebayとかしていて消費税還付を受けないのは、デメリットです

 

もし、あなたがebayに限らず輸出をしていて、

消費税還付なんてどうでもよい!

・・・なんてお考えであれば・・・

”非常に損”です。

 

稼げない、儲からない人の特徴は、

大事な所で、面倒臭がりな人です。

 

確かに申請や計算書は面倒ですし、

タイムロスになりそうですが、

還付を受け取らない方がもっと損ですね!

 

繰り返しになりますが、他にも、

面倒なこともあります。

 

まず1つ目会計に手間がかかって

しまうことで、専門知識がないと、

間違ってしまう恐れもあるからです。

 

2つ目は、納品書や領収書、

発送ラベルの控えを保管、整理などを、

完璧にしておかないといけないこと。

 

輸出をするために仕入れた商品などの

納品書や領収書は、保管して整理します。

 

これらは、消費税を支払った

証明になるため、かなり重要な書類です。

 

税務署が訪問した際に

提示を求められることもあるので

”7年間保管”しておかなければいけません。

 

また、輸出における消費税の

還付を申告する場合、

税務調査のリスク通常の国内の

事業者の方に比べて高くなっていますので、

正しく申告することをお勧めしておきます。

 

その為にも税理士事務所に、依頼するのが理想です。

 

太田勇馬太田勇馬

太田も、税理士と契約して、ebay輸出に集中しています。

 

では、実際に輸出をしている人が、消費税還付を受ける具体的なやり方とは?

と、その前に、前提があります!

 

消費税還付を受けるには、消費税の申告を

している課税事業者のみが対象となるので、

知っておいてください。

 

ちなみに、課税事業者とは・・・

  • 前々年の課税売上が1,000万円を超える個人事業者、
  • 法人の場合は前々事業年度の課税売上高が1,000万円を超える法人

のことです。

他にも、自分で自主申告をする場合もありますが、

最初から課税事業者になる人は、稀でしょう。笑

 

逆に、免税事業者とは、前々年の課税売上が

1,000万円以下の個人事業者or法人のこと

をさし、消費税の納税の義務はありません。

 

従って、免税事業者は消費税還付を

受けることはできません。

 

消費税還付の手続きに必要な書類

  • 輸出証明書(EMSなどで輸出を行い、金額が少額な場合(1つあたりの金額20万以下)EMSの控えの保存が必要です。)
  • 帳簿書類

 

場合によって、

  • 輸出売上についての総勘定元帳
  • 輸出代金入金についての預金通帳のコピー
  • 輸出売買契約書や納品書、請求書
  • 国内仕入れ分の請求書、領収証

が必要になります。

 

はい、ここまでくると、かなりややこしいので、

出来るだけ、税理士さんに税務外注をするべきです。

 

一応、話を続けます。

 

輸出許可書と仕入や必要書類の、

納品書や領収書は保管しておき、

消費税の確定申告書を作成する時に、

輸出許可書と一緒に管轄税務署に提出します。

 

申告内容に不備がなければ、

所轄の税務署から消費税還付金が、

”どかん”と振り込まれます。

 

他の受け取り方は?

確定申告のときに指定できます。

”郵便局にてどさっと受け取る方法”

もあるので一応知っておきましょう。

 

消費税還付が得られる時期はいつか?

 

基本的には”年1回還付”が受けれます。

 

確定申告の際に申請して、

おおよそ4~5月ごろに入金されます。

 

しかし、申請すれば、年4回の3カ月又は

年12回の1ヵ月毎に還付を受けられます!

そのためには、税理士さんに毎月、提出物を

出して、徹底的に管理して貰うのが望ましいです。

 

まとめ

 

ebayに限らずネット転売において、

キャッシュフローはとても重要です。

 

消費税還付が得られると精神的に

資金の面で余裕を持つことができるだろうし、

更に利益を上げるきっかけになるはずです。

 

今後は消費税が10%になる可能性が高いので

還付の金額も増えると思うことから、

あなたが、ebay輸出をするメリットは絶大です。

 

デメリット要素は、事前に解消することで、

メリットが多いと思えば、還付を受けて下さい。

 

北朝鮮情勢も不安ですが、円安効果で

太田のように相乗効果も狙えるはずですよ^ ^

 

太田ゆうま太田ゆうま

ブログよりさらに役に立つ情報は、メルマガで配信しています。無料で登録でき、さらに今なら特典もプレゼントしているので、宜しければご登録下さい。

 

【月2名募集】無料面談のお知らせ


無料面談では、あなたがebay輸出で、
副収入を月10万円稼ぐための直接的なノウハウを指導します。
また、個人事業主には、月30万円達成するための仕入れ先、
仕入れ方法を稼げるまで指導しています。

あなたのebay輸出ビジネスで自立して利益を上げる為のノウハウはもちろんのこと
あなたの悩みや問題に真摯に向き合っていくことを誓います。

但し、適性を見るために、面談前に事前
アンケートを実施させて頂きますので、ご了承下さい。

★今月度の面談日程詳細★
2名様限定募集 ※対面も可能
【日時】
2017年12月16日(土)15~16時
2017年12月30日(土)15~16時
※限界があるので定員になり次第、一切募集を行いません

【面談形式】Skype or 対面
【御料金】完全無料
【参加条件】メルマガ登録者で事前審査に通過した方のみ

> 今すぐ申込みをする