日々、海外へ転売をしている、

ジャパンクレド太田です。

 

この記事を読んでいるあなたは、恐らく、

漠然と、海外へ転売をして稼ぎたい!

と考えているかもしれません♪

 

また、海外転売といっても沢山の種類があり、

何をするべきか?迷ってしまうはず・・

 

ただ・・

円安の時こそ、サラリーマンは、

副業で海外転売をするべきか?

こんな風に少しでも考えていたあなたは、

”ビンゴ”です。

 

もし、あなたが、サラリーマンや公務員で、

円安の時に、海外転売をしようと御考えであれば、

恐らく、今の給料に加え、収入を増やしたいからだと思います。

 

実際に以下のグラフのように、

7割以上のサラリーマンが今の収入に、

満足していないことをご存知ですか?

 

また、円安の時に海外へ転売するだけで、

10%増しで利益も儲かるし、

これほど楽な話はありません。

 

殆どのサラリーマンが、「現状への不満」と

「将来への不安」が強いと思うので、個人的に、

円安の時こそ、海外転売はするべきだと思います。

 

だって、円安だからこそ、あなたは、

自動的に儲かりますよね?

 

もちろん、現状への不満があったとしても

我慢すれば今は殆どの人が生活する事はできますが、

もし今、あなたの月収が10万円増えたら何をしたいですか?

  • 海外旅行に行けるチャンスが増える
  • 美味しい食事を家族と食べに行ける
  • 欲しい洋服が毎月買える
  • 子どもの為にお金を貯めることができる
  • 心に余裕ができる

10万円でできることは、結構多いと思います。

もちろん、上記以外にもできることはありますが

円安の時こそ、海外転売をしない理由はないですね。

 

目次

ところで、海外の転売と言えば輸出を意味しますが、輸出の基本について教えます。

居住地から海外に転売することを輸出と言う

 

あなたの居住地は恐らく日本だと思いますが、

海外へ転売する=輸出であることを覚えていて下さい。

 

厳密に言うと違うのですが、海外を跨ぐ以上、

どんな形であれば、一般的に輸出のルールが

あなたにも適用されるので覚えておきましょう!

 

特に覚えておいてもらいたいのは、関税や

還付金の2つです。少し詳しく見ていきます。

 

海外へネット転売する際の関税について。誰が払う?

 

関税とは簡単に言えば、他の国から商品を

輸入する際に輸入国が商品に掛ける手数料のことです。

 

では、輸出する際に誰が関税を

支払わなければいけないのでしょうか?

ここが一番の問題です。

 

関税の最も大きな目的は、安く輸入できる

外国の輸入を抑えて・・・

”国内の商品や産業を守ること”にあります。

 

国によって守るべき産業や輸入を制限

したい品物は異なるので、どの製品に

どのぐらい関税をかけるのかも国によって異なります。

 

ということは、関税の目的を考えると

海外から輸入する側に関税を支払う義務があり、

その関税を徴収するのは”輸入国側の税関”なのです。

 

つまり、あなたが海外へのネット転売を

される場合は、購入者の外国人が税金を払う格好に

なるので、覚えておきましょう。

 

輸出戻し税(消費税還付金)について

 

まず、少し文章が堅いですが、

ちゃんとした引用文を載せておきます。

こちらまず読んでみて欲しいです。

 

外国の付加価値税等との二重取りを避けるため、輸出品は消費税を免税される。

しかし輸出企業は仕入れの際に消費税を支払っている。仕入れに掛かった消費税を政府から還付する制度が輸出戻し税である。

本来は輸出品に関連する取引全てに消費税を免除するシステムであるが、事務処理の都合等で、最後で帳尻を合わせる形を取っている。

引用元:Hatena Kyewordより

 

ちょっと難しと思うので、簡単にいうと、

海外へ転売(輸出)をするあなたは、消費税分が、

戻ってくるよ~という話です。

理由は、外国人に販売するのだから、

日本の消費税法は適応されない、ということです。

 

もちろん、これは主に仕入れ先が日本国内であり、

日本に居住する方に限る内容です。

恐らく外国に住んでいる方もいらっしゃいますが、

納税地が日本であれば、日本の還付制度が、

適応されるので覚えておいてください。

 

慎重ではありますが、自民党が、

消費税増税を推し進めるのは・・・

このような消費税還付を利用して、

円安で増幅した還付金を獲得しているから、

と言われていますよね。

 

例えば、トヨタ自動車を含めた自動車会社は、

日本の中古車を海外で転売しているので、

消費税分還付されるわけで、数百億は下らないと、

言われているし、国からの補助金同様の騒ぎですよね。

 

あなたが、海外転売(ネットで輸出)をするメリット

1、海外特有のニーズがあるので利益がっぽり

 

海外のお客さんのニーズは日本国内とは違います。

日本国内ではそこまで人気の高くない転売商品も、

海外転売では高値で売買されることがかなりあります。

 

海外特有のニーズの例としては、日本製の、

フィギュア、カメラ、おもちゃなどです。

 

この背景にあるのは、日本のアニメや映画が、

海外で流行っても、入手が難しい海外特有の事情です。

海外における入手難易度とニーズの高さが、

マッチすることで大きく利益を得ることができるのです!

 

2、日本の経済縮小を見据え、海外の経済発展を考えると将来性がある

 

日本国内には物が溢れている一方で・・

人口はどんどん減ってきています。

 

自動車がいい例で、今や国産の自動車は、

海外市場をターゲットに販売・転売されています。

 

日本国内では、逆に、今後、消費も落ち込み、

物の価値が、下がっていきくと言われています。

 

そのような状態で個人で国内転売などを

始めても、ライバルが沢山いるため、

思うように売上があがっていきません。

 

海外で転売できる環境は既に整っているので、

ちゃんと欲しい人に提供することができれば、

あなたは、少ない時間で効率的に稼ぐことが可能です。

 

3、外資系の企業同様、消費税還付を受けれる

 

消費税還付とは海外輸出する商品に

消費税(税金)を課さない制度のことです。

 

また、セラーが国内で商品を仕入れて

ネット等で輸出する場合、

”仕入れ時に”もちろん消費税を支払います。

 

しかし輸出先である海外からは、

税法上日本の消費税を徴収できないため、

課税事業者が所定の税務手続きを行えば

仕入れ時の消費税が還付(返却)されます。

 

例えば、年間の仕入れが1000万円だった場合、

翌年に消費税の還付申請をすると、

その8%丸々80万円が戻ってきます。

※消費税が10%になると、10%還付

 

ただこの還付を受けるたには

消費税課税事業者”になる

必要があり、その書類を税務署に予め、

提出しておかなければなりません。

 

通常課税事業者になるためには一昨年の年商が、

1000万円を超えている必要があります。

 

1000万と聞くと難しいと思われがちですが、

月100万円の売り上げですのでそんなに、

難しいことではありません。あなたも、海外に

ネット転売をしてどんどん還付を受けましょう!

 

海外転売をするデメリット

1、未着の可能性が多い

 

国内での発送に比べ、海外への発送は

未着の可能性が高いです。国にもよりますが、

経験上、南米、一部ヨーロッパなどへ

届きにくい場所が存在します。

 

転売商品が、どこにあるか分からないのは

勿論のことですが、税関で止められたりもします。

 

なので、できるだけ追跡番号を付けて、

このデメリットを解消するのが望ましいです。

追跡を付けておけば殆どが問題なく配達されるので、

海外のebay転売をする場合は、覚えておいて下さい。

 

2、利益を急激にあげたりする事ができない

 

私たちもそうですが、海外から転売商品等を

購入するのは不安が多いですよね・・・

 

海外の人達もそれは同じです。たとえ、誠実な

国民性と言われている日本人から購入するとしても

”信用がなければ購入してもらえません”

 

第一に、アカウントを育てる所から

スタートしなければいけないので、

アカウントを育てるだけで三ヶ月程は最低かかります。

 

この間まったく利益が上がらないわけではないですが、

安定的な利益に直結するまでに

少しの時間がかかるので、覚えておくことをおススメします。

 

3、関税や輸出入の規制があり海外転売の障壁になる

 

当然ですが国によって法律が異なります。

全世界で輸出入禁止の転売商品もあれば、

国によって禁止のものがあります。

 

さらに、国によって関税も違います。自分が取り扱う

”商品が規制のあるモノなのか、どの程度の関税が

必要とされる商品であるのか”

確り把握しておかないと・・・

取引相手との関税などについてのトラブルが、

起こった時に、迅速に対処することができません。

 

海外へ転売する場合、

関税に関しては購入者が払うというのが普通ですが、

あまりにも関税が高い場合、購入者が受け取りの

拒否をして返品になったりするのがデメリットです。

 

出品の際に輸出できる転売商品なのか?

関税が高くないか?きちんと調べましょう。

 

太田がやっているのは海外のネットを使った輸出転売だけど、どんな種類があるか?主に稼ぎやすいものをピックアップ!

ebayUS

引用先:https://www.ebay.com/

世界最大のネットオークションができるサービス。

太田はebayを使って年3000万以上稼ぐので、

あなたもコツコツやっていけば稼ぐことは可能です。

特徴

  1. オークション形式、即決形式がある
  2. 初心者の場合、最初は売れずらい
  3. 中古品を売りやすい
  4. リピーターがつきやすい
  5. 長く稼ぎやすい

 

ebayUK

引用先:https://www.ebay.co.uk/

ebayUSの次に大きい、ebayプラットホーム。

特徴はebayUSと同じですが、通貨が、

USドルではなくポンド(GBP)です。

 

イギリスをメインに販売することができますが、

ヨーロッパ全域、中東からも購入されやすいです。

世界13カ国で販売できるeコマースプラットフォーム。

 

特徴

  1. 始めから大量出品ができる
  2. 出品が簡単
  3. FBAという発送代行サービスが使えるので発送が楽
  4. 価格競争になりやすい
  5. 差別化しずらい

 

バイマ

BUYMA(バイマ)は、ECモールの中でも

CtoCという特殊な形態をとっており、

有名ブランド商品に特化した販売モールです。

また、ebay同様、無在庫転売ができるのも大きな特徴です。

(国内では禁じられているプラットホームが多い)

 

特徴

  1. 無在庫販売を認めている
  2. 発送までの期限が18日と長い
  3. 出品をするためには申請をしないといけない

 

そもそも海外に転売する時に違法に問われることは無い?

ebayを含め、海外に商品を転売すること自体は

もちろん違法ではありません。

 

では、どういうときに違法にあるのでしょうか?

それは、以下の通りです。

  • 古物商を取得していない状態での中古品販売
  • 禁制品の販売
  • 税関申告の虚偽

 

きちんと調べて普通に転売しているだけでは

違法になることはありませんので心配いりません。

 

禁止されている商品を海外で転売したり、

嘘をつくと違法になるケースがあるので、

真面目にコツコツ転売をしましょうね(^-^;

 

太田は主にebayで稼いでいるけど、海外に転売すると儲かるおススメ商品を紹介します

1、フィギュア

日本はアニメ大国で、映画が外国で

上映されれば、たちまち・・・

関連グッズもばこばこ売れていきます。

 

アメリカの映画が日本でも上映されることは、

告知でわかりますが、海外の映画やニュースにも

注目できると最高ですね!

 

2、化粧品、健康食品

上図をよくみると、日本語表記だと思います。

これらは、全て太田が転売してきたものですが、

大幅に利益が出ています。

 

3、文房具

意外かもしれませんが、上図のような

文房具も太田がやるebayでは売れていきます。

 

海外転売をする時の注意点や様々な詐欺対策

1、為替レートの変動には要注意

 

あなたが、海外転売をされる場合、

為替リスクは販売者側が負うことになりますので、

ネット転売の輸出ビジネスでは注意が必要です。

 

例えば、ドル表記(10ドル)で出品を行うと、

購入者にとっては常に10ドルですが、販売者は

10ドルで売れてもその時の為替によって

変動するので、覚えておいてください。

  • 1ドル100円の場合、10ドルで売れると1000円の売上
  • 1ドル90円の場合、10ドルで売れると900円の売上
  • 1ドル120円の場合、10ドルで売れると1200円の売上

 

このように、海外へ転売(輸出)する場合は、

”円安のときが断トツ有利”です。

 

2、海外への配送は割高

 

あなたが、儲かる転売商品を海外へ

発送する場合、国内発送に比べて当然高くなります。

 

送料は購入者の負担になる場合があり、

購入の際の判断基準にもなりますが、

だからといって、送料無料にしても、

自分自身の負担になります。

 

これは、販売する商品を選ぶときにとても重要です。

できるだけ重量が軽い商品を扱うほうが売りやすいです。

海外へ発送サービスを行っている主な事業者は、

以下の通りなので、名前だけでも覚えておいてください。

  1. 日本郵便(EMS、SAL、国際eパケットなど)
  2. クロネコヤマトなどの配送事業者
  3. 外国の配送事業者(FedEx、DHLなど)

 

3、商品未着詐欺はヤバい

 

あなたの購入者が返金を要求してくる場合、

大きく分けて2つのパターンがあります。

その1つこそ・・・

商品が届いていないから、返金して欲しい”です。

 

真実の可能性もありますが、

追跡番号なしで発送した場合・・本当は

受け取っているのに届いてないと言われれば、

確認のしようがない為、

相手の要求通りに返金するしかありません。

 

これを防ぐには発送の際、トラッキング(追跡)

付けて商品の配送状況を常にチェックしましょう。

 

これを使うことで、配送状況がわかるので、

商品がどこにあるか、無事に購入者に

届いたか確認することができ、詐欺や

リスク対策として有効です。

 

4、購入者が違法か!商品破損詐欺もヤバい

 

購入者があなたに返金を、

要求してくるもう1つのパターンは、

”商品が破損しているから、返金して欲しい”です。

 

日本から発送されると、その会社が、

提携している海外の配送事業者の管轄になります。

 

海外の配送事業者は荷物を丁寧に

扱わないこともありますが、実際には

壊れていないのに「壊れている」といわれるケースもあります。

 

この詐欺を防ぐためには、梱包を丁寧に

することが重要ですが、要求があった場合に

”商品、梱包の傷の有無”を写真で送ってもらい確認することです。

 

この対応をするだけでも、詐欺の場合は

クレームを取り下げる可能性があります。

 

5、ebay、Paypal登録住所以外へ発送

ときどき・・・

たまにebay、Paypalに登録している住所とは

別のところに送ってくれという要求を受けることがあります。

例えば、

「息子の誕生日プレゼントだから〇〇〇に送って」

「バカンス中だから〇〇〇ホテルに送って」等です。

 

もし送ってしまい、”届かない”と言われれば

追跡付きで配送状況が配達済みになってたとしても

ebayやPaypalは登録住所以外に発送した場合の

クレームについては関与してくれません。

 

「Youが間違った住所に送ったのでは?」

という風にいいくるめられることがあります。

ですので、発送先変更の要求があった場合は、

断るようにしてください。

 

まとめ

 

あなたが、海外転売する際のメリットやデメリット

さらには、購入者の悪質な要求など・・・

幅広くお伝えしてきました。

 

海外を跨いで転売する以上リスクがつきものです。

その一方で、利益が高いのが海外転売の特徴。

 

慣れないことで最初はつまずくことも多いですが、

このデメリット&リスクを乗り越えれば

大きなメリットになります。

 

また、もし、あなたが、サラリーマンをしながら、

副業で最適なビジネスを探している場合・・・

 

太田がやっているような海外のebay転売をやると

以下のようなメリットがあります。

  • 時間拘束がない
  • 初期投資が必要ない
  • 場所の移動が必要ない
  • 成果を出せば収入が上がる

 

恐らく、この項目すべてを満たしています。

私は実際に副業からスタートし、成果を

出していますので、是非知っておいてください。

 

また、せどりとは違い、”市場規模が大きく、

ライバルの参入を防げるストアモデル”なので、

あなただけの市場を作ることも可能です。

 

”習うより慣れろ”という言葉がありますが、

海外のebay転売は、まさにこの言葉があてはまります。

 

慣れていけば、自然に売上が上がりますので、

是非、今月からチャレンジしてみてくださいね♪

 

太田ゆうま太田ゆうま

海外の転売をスタートさせたいのであれば、気軽に始められるebay転売がおススメです。メルマガやLINEに登録していただきますと、基本マニュアルをゲットできるので、是非、お読みくださいね。

 

 

【月2名募集】無料面談のお知らせ


無料面談では、あなたがebay輸出で、
副収入を月10万円稼ぐための直接的なノウハウを指導します。
また、個人事業主には、月30万円達成するための仕入れ先、
仕入れ方法を稼げるまで指導しています。

あなたのebay輸出ビジネスで自立して利益を上げる為のノウハウはもちろんのこと
あなたの悩みや問題に真摯に向き合っていくことを誓います。

但し、適性を見るために、面談前に事前
アンケートを実施させて頂きますので、ご了承下さい。

★今月度の面談日程詳細★
2名様限定募集 ※対面も可能
【日時】
2017年11月12日(日)15~16時
2017年11月28日(木)15~16時
※限界があるので定員になり次第、一切募集を行いません

【面談形式】Skype or 対面
【御料金】完全無料
【参加条件】メルマガ登録者で事前審査に通過した方のみ

> 今すぐ申込みをする